PR

 米Avago Technology社が米Broadcom社を370億米ドルで、米Intel社が米Altera社を167億米ドルで買収することになった。いずれも半導体の勢力図を大きく変えるインパクトのある大型M&Aである。

 一方で、半導体業界で多発するM&Aの動きに加わっていないメジャープレーヤーも多い。韓国Samsung Electronics社、台湾TSMC、東芝、米Qualcomm社、台湾MediaTek社などである。パワーバランスの変化は、どのような影響を与えるのか。

 日本の半導体メーカーの多くは、今の大きなうねりの中心にはいない。正直、生き残っているのが幸いという状態だ。しかし、事業環境の変化は、日本のメーカーにも容赦なく及ぶ。

 今回のテクノ大喜利は、大きく姿を変えつつある半導体業界の中で、さまざまな立場にいる各企業が得た機会と抱えたリスクを考えた(表1)。

表1 「半導体大型M&A、広がる波紋のかたち」をテーマにしたテクノ大喜利での回答
[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]