PR

東芝は5m以上離れた場所にあるコンクリート構造物の内部欠陥を音による振動で検査できる「コンクリート音響探傷システム」を開発した。点検対象の構造物に対して指向性スピーカーで可聴音を発生させ、音によって生じる対象物表面の微細な振動を計測して内部の浮きや空洞などの状態を可視化するシステムである。指向性を持たせて音を照射するので、点検員は耳栓などをしなくても作業できるという。2015年7月22~24日に東京ビッグサイトで開催された「インフラ検査・維持管理展2015」で披露した。

この記事は有料会員限定です

「日経エレクトロニクス」定期購読者もログインしてお読みいただけます。

【インフレ対策とDX人材を応援】月額プラン11月末まで無料

>>詳しくは

お薦めの有料会員向け記事


日経クロステックからのお薦め

【インフレ対策とDX人材を応援】月額プラン11月末まで無料
日経BPで働きませんか

日経BPで働きませんか

「デジタル&ソリューション」をキーワードに、多様な事業を展開しています。

日経BPは、デジタル部門や編集職、営業職・販売職でキャリア採用を実施しています。デジタル部門では、データ活用、Webシステムの開発・運用、決済システムのエンジニアを募集中。詳細は下のリンクからご覧下さい。

Webシステムの開発・運用(医療事業分野)

システム開発エンジニア(自社データを活用した事業・DX推進)

システム開発エンジニア(契約管理・課金決済システム/ECサイト)