PR

 台湾HannStar Display Corp.は,TFT液晶パネルの出荷量が51万7000枚と対前月比(以下MOM)9.8%増となったが,売上高は25億4200万台湾ドル(対前年同月比(以下YOY)19.1%減,MOM 5.0%減)と,MOMが続落だった。同社は,ノート・パソコン(PC)向け15型パネルとモニター向け19型パネルが出荷増に貢献したと説明している。ノートPC向け15型パネルは10万枚前後に達しており,確かに急増しているが,モニター向け19型パネルは立ち上げ段階であり,まだ数量は少ない。逆に,採算が急速に悪化しているモニター向け15型パネルは,生産を抑えているようである。現在,9万枚/月の生産能力に対して2万~2万5000枚/月に留まっている「Fab3」(第5世代工場)での増産には,ノートPC向けの15型,15.4型ワイドとモニター向けの17型,19型の数量増で対応するしかなく,非常に厳しい事業環境が続く。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
「初割」2/7締切迫る!
>>詳しくは


日経クロステックからのお薦め

【初割 2/7締切】日経電子版とセットで2カ月無料!
日経BPで働きませんか

日経BPで働きませんか

「デジタル&ソリューション」をキーワードに、多様な事業を展開しています。

日経BPは、デジタル部門や編集職、営業職・販売職でキャリア採用を実施しています。デジタル部門では、データ活用、Webシステムの開発・運用、決済システムのエンジニアを募集中。詳細は下のリンクからご覧下さい。

Webシステムの開発・運用(医療事業分野)

システム開発エンジニア(自社データを活用した事業・DX推進)

システム開発エンジニア(契約管理・課金決済システム/ECサイト)