PR

 ソニーの置かれている状況を鑑みると,今回のインターナショナル ディスプレイ テクノロジー(IDTech)の買収自体は,ソニーの長期的な経営戦略に適合した合理的な行為と判断できる。ポイントは,今回の買収の主体がエスティ・エルシーディ(ST-LCD)ではなくソニー本体である点である。買収後,新会社にはST-LCDも20%程度の出資を行うことをソニーは明らかにしているが,これはST-LCDの合弁相手の豊田自動織機も今回の買収に賛同していることを示す象徴的な意味合いが強いと考える。ST-LCDはこれまで赤字続きであったため買収資金を持っていなかったことも,ソニー本体が買収主体となった一因と考えられる。しかし,それよりも,ソニーはエンジニアの再配置などを含め,同社が自由にコントロールできる形を望んでいたためと考えるのが自然であろう。ソニーは今回の買収を通じて,中小型パネル事業への本格的なコミットメントを行っただけではなく,大型パネルについても自社の技術力強化に乗り出したとの解釈が可能である。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
有料会員と登録会員の違い


日経クロステックからのお薦め

[緊急出版]アフターコロナ 見えてきた7つのメガトレンド

[緊急出版]アフターコロナ 見えてきた7つのメガトレンド

Amazonランキング第1位(企業経営一般関連書籍、5月13日〜21日)

 自動車、IT、建設など主要9業界を徹底取材し新型コロナの影響を分析。非接触技術の最新情報、オフィスの未来、制約条件下での新たなイノベーションなど7つのトレンドを徹底解説。30人の論客による予測も。

『アフターコロナ』の詳細はこちら

IoTの全てを網羅した決定版 IoTの教科書

IoTの全てを網羅した決定版 IoTの教科書

IoTを知らずにこれからのビジネスはできない「IoT」の全てを網羅した決定版!

本書は「IoT」とは何かについて、基礎から体系的に学べる唯一の書です。IoT分野で使われる用語を網羅し、定義はもちろん、図版や事例を多用しつつ分かりやすく解説しました。

詳細はこちら

ボッシュ自動車ハンドブック 日本語第4版

ボッシュ自動車ハンドブック 日本語第4版

自動車技術を学ぶための最良の一冊!

豊富な図表により、難しい内容も理解しやすく構成。約6,000項目の詳細なインデックスで、知りたいことを一発検索。自動車業界で使用される欧文略語を巻末に掲載。

詳細はこちら