新エネルギー・産業技術総合開発機関(NEDO)は,ナノテクノロジーなどのシーズ技術を産業力強化に結びつける研究開発および実用化業務に携わる技術者を募り,2002年6月1日から2003年3月31日までの10カ月間,給与あるいは奨励金というかたちで資金面の支援をする。募集人員は約70人。応募は2002年2月22日に開始されており,同年3月25日で締め切る。

 今回の技術者募集は,政府の産業技術力強化法に基づき,新しい産業を生み出すためのシーズを迅速に実用化につなげられる技術者を養成することを目的としている。例えばA氏が,自らがその時点では所属していないB研究所(主に経済産業省所管の研究機関や技術移転機関など)でナノテクを活用した省エネルギー技術の研究を実施したいと考えた場合,A氏はB研究所と相談の上,研究内容および自らの養成カリキュラムなどを説明する資料を作成してNEDOに提出。NEDOがこれを採択した場合,A氏にはNEDOから給与または奨励金が支払われる。

 募集する技術者は,社会人と大学院博士課程後期在学者の2つに区分している。社会人については,民間企業と共同研究を行う経産省所管の研究機関や,技術移転機関などに派遣し,NEDOはこの技術者に10カ月間で約225万円~約500万円の給与を支払う。学生については,経産省所管の研究機関などのほか民間企業での技術開発も対象とし,NEDOは毎月約12万円の奨励金を与える。

 問い合わせは,NEDO研究開発業務部・人材育成課。電子メールアドレスは,fellow-grp@nedo.go.jp,ファクス番号は03-5952-0082。応募資料などの詳細は,NEDOのインターネットホームページで公開されている(http://www.nedo.go.jp/informations/koubo/140222/140222.html)。。