PR
太陽の中央やや右上の強く光っている部分が太陽フレアの発生領域
太陽の中央やや右上の強く光っている部分が太陽フレアの発生領域
[画像のクリックで拡大表示]

 独立行政法人の情報通信研究機構(NICT)は,2005年1月17日から数日に渡って地磁気の荒れた状態(磁気嵐)が続くと警告した。磁気嵐は太陽フレアと呼ばれる太陽表面の爆発現象に伴ってプラズマが噴出し,それが地球に到達することで発生する現象である。

 1月14日ごろから太陽活動が活発になり,多くの太陽フレアが発生していた。この影響で15日ごろから地球近傍の高エネルギー粒子量が増加し,16日の早朝から磁気嵐が発生して現在も進行中という。17日19時には規模の大きな太陽フレアが発生した。太陽フレアの規模を示す指標は低いほうからA,B,C,M,Xの5種類あるが,17日に発生した太陽フレアは最大規模のXになる。

 太陽フレアによって生じた高エネルギー粒子によって,米NASAの科学衛星ACEや米NOAAの気象衛星GEOSで一部の観測装置が利用できない状態になっている。太陽フレアとの因果関係は不明だが,日本でも17日にKDDIの通信衛星に障害が発生して一部地域への国際通話が不通になったほか,JSATの通信衛星にも障害が発生した。今後は,磁気嵐によって短波の無線通信に支障が生じる可能性があるほか,北海道ではオーロラが観測される可能性もあるという。

 11年周期で変化する太陽の活動の極小期にも関わらず,太陽活動が活発化しており,NICTでは注意を呼びかけている。NICTが磁気嵐に関する警告を報道発表するのは2003年10月以来になる。

太陽フレアの影響
太陽フレアの影響
[画像のクリックで拡大表示]