PR
撮影感度でISO1600相当を実現できる「FinePix F10」
撮影感度でISO1600相当を実現できる「FinePix F10」
[画像のクリックで拡大表示]
薄型モデルの「FinePix Z1」。外形寸法は90mm×55m×18.6mm
薄型モデルの「FinePix Z1」。外形寸法は90mm×55m×18.6mm
[画像のクリックで拡大表示]

 富士写真フイルムは,同社が新開発したCCD型固体撮像素子「スーパーCCDハニカムV HR」を使うデジタル・カメラを2機種発表した。手ブレや被写体ブレに強いことをウリ文句にする「FinePix F10」と薄型モデルの「FinePix Z1」がある。F10は2005年3月に出荷予定で,価格はオープンだが店頭価格は5万円前後を見込む。Z1は同年5月に発売する。価格は同じくオープンだが,4万5000円前後を見込む。

 スーパーCCDハニカムV HRはS/N(信号対雑音比)を高めたことが特徴。F10の場合,最高撮影感度ISO1600相当を実現できる。被写体が同じ明るさなら従来機よりもシャッタ速度を高められるため,手ブレや被写体ブレを抑えられる。「手ブレ補正機構を搭載したデジタル・カメラで人物を撮影する場合,背景のブレは抑えられても人物の動きによるブレは補正できない」(同社)。シャッタ速度を高めることが根本的な解決につながると考えた。

 「リアルフォトエンジン」と呼ぶ信号処理回路を搭載し,暗所での雑音を減らす工夫も施している。従来手法は低域通過フィルタを使って小さな画素単位の雑音を減らす傾向にあった。このため,比較的大きな粒状の雑音が残る傾向にあり,撮影画像の輪郭がボケる課題もあったという。今回は「小さい画素から大きい画素まで雑音をバランス良く取り除いた」(同社)としている。ただし,CCD型固体撮像素子および信号処理の詳細な改善手法はいずれも明らかにしていない。

 F10に搭載した撮像素子は1/1.7インチ型で,有効画素数は630万。光学ズームは最大3倍。2.5インチ型TFT液晶モニタを備える。

厚さ18.6mmのZ1も投入

 Z1に搭載した撮像素子は1/2.5インチ型で,有効画素数は512万。最高撮影感度はISO800相当である。厚さ18.6mmの薄型ボディが特徴で,屈曲光学系により光学3倍ズームを実現する。背面の液晶パネルは2.5インチ型で,Liイオン2次電池やメモリ・カードを含む重さは150gである。