PR
出展した端末モックアップ
出展した端末モックアップ
[画像のクリックで拡大表示]

 「NAB2005」の米Microsoft Corp.のブース内には,携帯端末向けのテレビ放送の受信システムが出展された。英Crown Castle International Corp.が,米Pennsylvania州Pittsburghで実施していた試験システムと同じ基地局を持ち込んだものである。Crown Castle社は,全米の主要都市で携帯電話機を含む携帯端末向けの放送サービスを2005年中に始める予定にしている。

 2005年3月には,サービス提供のための専門組織としてCrown Castle Mobile Media社を設立した。周波数としては,1670MHz~1675MHzの5MHz帯を利用し,放送方式としては,欧州で携帯電話機向けに開発された地上デジタル・テレビ放送規格「DVB-H」を採用する。

 Crown Castle Mobile Media社は,今回のNAB2005の開催に合わせて,Microsoft社の「Windows Media Audio」「Windows Media Video 9」「Windows Media Digital Rights Management (DRM) 10」を採用することにしたと発表した。会場では,Microsoft社の「Pocket PC」をベースとした端末のモックアップを示した。

 このほかCrowon Castle社は,インフラ設備などの納入メーカーを選定したこと,フィンランドNokia Corp.,米Freescale Semiconductor, Inc.などと協力してDVB-Hを推進することを発表している。

そのほかの「NAB 2005」関連記事はこちらから