PR

 スペインSeat社は、全面改良した小型ワゴン「Leon」をバルセロナ・モーターショー(BARCELONA 33rd International Motor Show、2005年5月7~15日)で公開すると発表した。5ドアだが、後部ドアハンドルをCピラーに内蔵したことで、クーペのような外観とした。


図1◎「Leon」フロントビュー
 
図2◎リアのドアハンドル

 ボディサイズは全長4315×全幅1768×全高1458mmで、ホイールベースが2578mm。従来モデルと比べて全長を132mm、全幅を26mm、ホイールベースを65mm拡張したことで、室内スペースを拡大した。荷室容量は341Lで、従来よりわずかに増えたという。

 フロントワイパーは、「Altea」と同じようにAピラーに並行に配置したが、Alteaと違ってAピラーに内蔵していない。