PR
 米Motorola Inc.は,2005年第1四半期(2005年1~3月)の売上高が対前年同期比9.7%増の81億6100万米ドルだったと発表した(発表資料)。営業利益は同26.3%増の8億6500万米ドル,純利益は同13.6%増の6億9200万米ドルとなった。希薄化後1株当たり利益は0.28米ドルである。

 携帯電話機部門の売上高は対前年同期比6%増の44億米ドル,営業利益は同8%増の4億4000万米ドルだった。携帯電話機の出荷台数は2870万台で,前年同期の実績を13%上回った。市場シェアは前年同期から1.4ポイント上昇して17.1%となった。北米市場での首位を堅持するとともに,欧州市場でも売上げを伸ばしたという。

 なお,同社は第2四半期(2005年4~6月)について,売上高が83億~85億米ドル程度,1株当たり利益が0.23~0.25米ドル程度になると予測している。

■海外企業の最新の決算はこちらからご覧いただけます。