PR

 イタリアFiat社は、新型ワゴン「Croma」を発表した。2005年3月のジュネーブ・モーターショーに出展していたが(関連記事)、今回は諸元などの詳細を明らかにした。ターゲットは、自分なりのライフスタイルや好みを追求しつつ快適性も求める人。車室スペースを広くし、騒音・振動を低減するなど快適性を重視したモデルという。


図1◎「Croma」フロントビュー
 
図2◎「Croma」リアビュー

 ボディサイズは全長4756×全幅1775×全高1597mmで、ホイールベースが2700mm。全長・全幅が同程度の競合他車と比べて全高を100mmほど高くしたことで、頭上のゆとりを確保した。

 エンジンはガソリンエンジン2種類とディーゼルエンジン3種の計5種類。ガソリンエンジンは、排気量1.8Lと2.2Lの直列4気筒エンジン。ディーゼルエンジンは、排気量1.9Lの8バルブと16バルブの直列4気筒エンジン2種類と、2.4L・20バルブの直列5気筒エンジン。(エンジン諸元表

 ディーゼルエンジンは、第2世代の「Multijet」エンジンを採用した。1サイクル中の燃料噴射回数を増やしたことで、出力を6~7%向上しつつ騒音を低減し、排ガス中の有害物質を削減できたという。