PR

 米Tektronix, Inc.は同社のビデオ・ストリーム解析ソフトウエア「MTS4EA」向けに,動画像圧縮の標準方式として米Microsoft Corp.がSMPTEに提案しているVC-1方式に対応するオプションを追加した(関連記事)。MTS4EAは映像,音声などのエレメンタリ・ストリーム(ES)信号を解析するソフトウエアで,パソコンや同社のMPEGアナライザ「MTS400シリーズ」で用いることができる。

 VC-1は次世代光ディスクの符号化方式として採用されており,同方式に対応するES解析ソフトウエアは世界で初めてという。価格はMTS4EAに追加する場合は91万9000円。VC-1対応のMTS4EAは236万5000円である。半導体機器メーカーや家電メーカーなどに向ける。