PR
 市場調査会社のIDC Japanは,国内のデジタル・テレビ市場について市場規模などの調査を行った。これによると,2004年の液晶テレビの国内出荷台数は約260万台で,全世界の液晶テレビ市場の32.7%を占める。IDCでは,2009年までの5年間は年平均成長率36.0%で推移し,2009年の出荷台数は1209万台となると予測している。PDPテレビの国内出荷台数は2004年は35万台余りだったが,今後5年間の年平均成長率は26.6%となり,2009年の国内出荷台数は約114万台に達すると予測する。

 画面サイズ別の出荷動向としては,液晶テレビ,PDPテレビともに大型化が進行するとみられる。特にPDPテレビは2004年,国内では世界市場に比較して30インチ型台の出荷割合が高かったが,今後さらに大画面志向が高まり,42インチ型を中心とした出荷割合に転換していくとIDCは予測している(下図)。また,画素型リアプロについては,50インチ型を超える特大画面を中心に市場が形成されるものとみている。

PDPテレビの画面サイズ別の出荷動向予測(単位:千台)

 なお,一般消費者(国内居住の15歳以上男女)に「最も画質が良いと思うTVテクノロジー」を尋ねたところ,PDPテレビが最も多く37.9%,次いで液晶テレビが22.5%,ブラウン管テレビが21.0%という結果になった(下図)。

「画質が良いテレビ技術」のアンケート調査結果(n=528)