PR
ボーダフォンが試作した1セグメント放送に対応した携帯電話機
ボーダフォンが試作した1セグメント放送に対応した携帯電話機
[画像のクリックで拡大表示]

 ボーダフォンは,携帯機器向けの地上デジタル放送(1セグメント放送)に対応する携帯電話機を試作し,NHK放送技術研究所が5月26日~29日に開催する「技研公開 2005」,および現在開催中の愛知万博に出展する。試作機は,現行の「V801SH」をベースにしたもので,外形寸法は50mm×101.5mm×28.8mm,重量は133g。

 今回の試作機は,NHKの協力を得てシャープが製造した。H.264(MPEG-4 AVC)の映像復号化機能と,BML(broadcast markup language)対応のデータ放送を表示できる。テレビを視聴しながら,電子メールを見たりWWWサイトを閲覧したりできるように,画面分割も可能。テレビの視聴時の電池動作時間は約2時間とする。

 ボーダフォンは,試作機を使って放送番組と通信の連携サービスなどの操作性を検証する。具体的なサービスとしては,通信網経由によるテレビ番組関連情報の提供,クイズ番組やアンケート番組などへの投票などを挙げている。

 商用機の発売時期に関しては「1セグメント放送が始まるタイミングに合わせて」(ボーダフォン)とだけコメントしている。