PR

 松下電工は2005年6月20日,特定小電力無線を利用し,約100m先の温度や湿度を測定しデータ収集する「無線センサ」を発売する。同センサは,内蔵あるいは外付けの温湿度センサで測定したデータを特定小電力無線で送信する「子機」と,それを受信する「親機」で構成。子機は10秒~1時間の間で設定した一定間隔ごとに親機にデータを送る。これにより,決め細かな温湿度調整が可能になる。工場,冷凍・冷蔵倉庫,スーパーなどの温湿度監視やビル,ホテル,病院などの空調温湿度制御に利用できる。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
【春割実施中】日経電子版セットで2カ月無料


日経クロステックからのお薦め

日経クロステック 春割 日経電子版セット 2カ月無料