PR

 シチズン時計とその子会社のテイ・アイ・シイ・シチズンは,マイクロカプセル型電気泳動ディスプレイを使った設備時計を開発した。デパートや駅などの人が多く集まる場所に設置することを想定したデジタル時計であり,大きさは幅1m前後である。シチズン時計は,2005年度内に営業活動を開始するとしている。なお,マイクロカプセル型電気泳動ディスプレイを使ったデジタル時計は,2005年3月にセイコーウオッチとセイコーエプソンが腕時計を開発発表しており,セイコー・グループは2005年度中に日本国内での商品化を予定している。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
【春割実施中】日経電子版セットで2カ月無料


日経クロステックからのお薦め

日経クロステック 春割 日経電子版セット 2カ月無料