PR

 VLSIシンポジウムでは伝送速度40Gビット/秒の光通信に向けたトランシーバICなどの発表が相次いだ。米University of Californiaはトランシーバ回路の集積化を進め,2対1のマルチプレクサICとCMU(clock multiplication unit),PRBS(疑似ランダム・ビット列)データ生成回路を集積した。(講演番号9-1)。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
【春割実施中】日経電子版セットで2カ月無料


日経クロステックからのお薦め

日経クロステック 春割 日経電子版セット 2カ月無料