PR

 大同特殊鋼の100%子会社である米OHIO STAR FORGE社(O.S.F.)は,新たに熱間高速精密鍛造機「AMP50XL-HFE」1基の導入を決定,2006年7月より営業運転を開始する。設備増強の目的は,特殊鋼素材が使用できる産業機械や軸受関連の北米現地ユーザー中心の供給要請に応えること。設備増強により北米現地ユーザー向け鍛造事業の拡充を図る。総投資額は1100万米ドル(約12億円)。2004年に2200万米ドル(約24億円)の売り上げを,2008年には5100万米ドル(約55億円)まで拡大する計画。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
【春割実施中】日経電子版セットで2カ月無料


日経クロステックからのお薦め

日経クロステック 春割 日経電子版セット 2カ月無料