PR

 「2005 Symposium on VLSI Technology」の「Advanced Memories I/II」のセッションでは,新規不揮発性メモリーの発表が相次いだ。強誘電体メモリー(FeRAM),MRAMはいずれも0.3μm2を切るセル・サイズの試作が報告され,大容量化に向け技術が進歩している。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
【春割実施中】日経電子版セットで2カ月無料


日経クロステックからのお薦め

日経クロステック 春割 日経電子版セット 2カ月無料