PR

 日立製作所はハード・ディスク装置(HDD)の書き込み用ドライバICの消費電力を抑える技術を開発した。「VLSI symposium on Cursuits」で明らかにした(講演番号15-1)。従来,1W程度だった消費電力を380mWまで抑えた。チップ・サイズは1mm×0.96mm。0.85インチ型や1インチ型,1.8インチ型の小型HDDへ適用する予定である。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
【春割実施中】日経電子版セットで2カ月無料


日経クロステックからのお薦め

日経クロステック 春割 日経電子版セット 2カ月無料