PR

 「2005 Symposium on VLSI Circuits」のSession 23「Emerging DRAMs」は,伊仏STMicroelectronics社と仏CEGELY社による1トランジスタ・セル,日立製作所とエルピーダメモリによるツイン・セル,半導体理工学研究センター(STARC)による3トランジスタ・セル,そして韓国Samsung Electronics Co., Ltd.による1トランジスタ1キャパシタ(1T1C)セルと,様々なDRAMセルのショウケースのようなユニークなセッションとなった。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
【春割実施中】日経電子版セットで2カ月無料


日経クロステックからのお薦め

日経クロステック 春割 日経電子版セット 2カ月無料