PR

 富士通はプリポスト・プロセッサ「FEMAP」,ビジュアリゼーション・ツール「AVS」をシンクライアントで使うシステムを参考出展した。3次元CAD「SolidMX」のシンクライアント版の技術を応用したもの。CAEによる解析結果のデータはぼう大な量になることがあり,技術者は通常,そのデータをネットワーク経由で手元のパソコンに読み込んでからグラフィックス表示する。富士通が開発した技術では,解析結果データを持つコンピュータ(サーバ)でグラフィックス表示処理を実行し,できたグラフィックスのみをクライアントへ送るため,大量のデータを転送する必要がなくなる。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
【春割実施中】日経電子版セットで2カ月無料


日経クロステックからのお薦め

日経クロステック 春割 日経電子版セット 2カ月無料