PR

 川崎汽船は,大洋製器(本社大阪市)と共同で開発した,コンテナを甲板上に固定する器具「フル・オート式ツイストロック FA-8」を2006年秋に就航予定の8000TEU(twenty feet Equivalent Unit。8000TEUは,20フィート型のコンテナ8000個)型コンテナ船に採用する。金具をひねってコンテナに装着し,上下のコンテナを結合する。甲板上のコンテナは,船体が揺れても荷崩れしないように,船体に固縛(ラッシング)するが,8000TEU型の場合は約4000TEU以上のコンテナを上甲板に積載するため,ラッシングにかかる時間や人手を抑える必要があった。FA-8はロック/解除ともに自動化することで,作業量を減らした。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
【春割実施中】日経電子版セットで2カ月無料


日経クロステックからのお薦め

日経クロステック 春割 日経電子版セット 2カ月無料