PR

 印刷法により赤(R),緑(G),青(B)の各層を塗り分けて作成したカラー有機ELパネルを,凸版印刷が開発した。試作パネルは単純マトリクス駆動の5型QVGA(320×240画素)で,画素ピッチは360μm,精細度は70ppiである。有機EL材料には高分子材料を使っている。今回のパネル輝度は数十cd/m2だが,同社は2006年までにアクティブ・マトリクス駆動のパネルを開発し,輝度を20倍に引き上げるという。さらに,2007年に第4世代の730mm×920mm基板対応での量産試作とともに,国内外の協業先を検討していく計画である。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
【春割実施中】日経電子版セットで2カ月無料


日経クロステックからのお薦め

日経クロステック 春割 日経電子版セット 2カ月無料