PR
NECの「N600i」
NECの「N600i」
[画像のクリックで拡大表示]

 NECは,ギリシャの携帯電話事業者Cosmote社に対して,第3世代移動体通信(3G)対応iモード端末「N600i」の出荷を始めた(発表資料)。同社によると,海外の通信事業者が3G対応のiモード端末を実用化するのは,今回が初めてという。

 N600iは,W-CDMAとGSM/GPRSの両方式に対応するデュアル・モード機。スウェーデンEricsson Mobile Platform(EMP)社のプラットフォーム(チップセットと対応ソフトウエア)を採用している。NECは2004年11月,海外市場に向けたW-CDMA方式とGSM方式のデュアル・モード型携帯電話機に,米QUALCOMM Inc.やスウェーデンEricsson Mobile Platforms(EMP)社のプラットフォームを採用すると発表していた(Tech-On!の関連記事)。同社の3G端末が,全面的に他社プラットフォームを採用するのは,今機種が初めてとなる。
 
 外形寸法は94.4mm×47.5mm×24.5mm,重さは113g,容量は90cm3の折り畳み型。130万画素の小型カメラ,2.0インチ型のQVGA対応液晶パネル,20Mバイトの内蔵メモリ,取り外し可能な記録媒体として米SanDisk Corp.によるメモリ・カード「TransFlash」を備える。

 表示などに対応する言語は,スペイン語,英語,オランダ語,ドイツ語,フランス語,イタリア語,ギリシャ語,中国語の8カ国で,海外でiモード・サービスが始まっている地域の多くをカバーしている。3D Dojaを含むJava,マクロメディアFlashに対応する。

 ちなみに,同社の中国向けの機種に「N600」がある。N600は,タッチペンによる手書き中文入力が可能で,26万色表示のディスプレイと30万画素のカメラを備える(Tech-On!の関連記事)。