PR
Shinco社のブースで展示しているカーナビ
Shinco社のブースで展示しているカーナビ
[画像のクリックで拡大表示]
GPSカーナビ「GD-70C」
GPSカーナビ「GD-70C」
[画像のクリックで拡大表示]
会場では,ディスプレイを6インチ型とした低価格品も展示していた。性能は同等で,価格は5998元
会場では,ディスプレイを6インチ型とした低価格品も展示していた。性能は同等で,価格は5998元
[画像のクリックで拡大表示]

 DVDプレーヤなどの製造で知られる中国の電機大手,江蘇新科電子公司(Shinco)が,中国・山東省の青島市で開催している民生用電子機器の展示会「中国国際消費電子博覧会」(SINOCES 2005)においてカーナビを展示している。簡略化した地図上に矢印で進む方向を示す「ターン・バイ・ターン型」ではなく,日本で普及しているのと同様に,高精細な地図を画面に表示して道案内する「マップ型」の製品である。

 測位にはGPSを用いている。測位の誤差は15mほど。「GPSは無料で使用でき,中国政府もGPSを使用することに対して特に規制していない」(同社の説明員)。

 地図データは製品内部のハード・ディスク装置(HDD)に収納している。これは北京合衆思壮公司が制作したもので,現時点では北京,天津,上海の3直轄市と,各省の約300の主要都市のデータが既にある。ガソリン・スタンド,ホテルなど30万カ所の施設のデータも併せて収録している。地図を最新版に更新する際など必要に応じて,新たな地図をDVDからHDDに転送できるという。

 ディスプレイは7インチ型の液晶パネルを採用しており,画素数は480×234。左右方向の視野角は120度。画面操作にはタッチ・パネルを用いる。

 このほか,音声ガイダンス機能やDVDプレーヤ機能を備える。スピーカには直接つながっていないが,FMトランスミッタを備えており,車載のFMラジオがあれば同製品からの音声出力をFMラジオ経由で流すことができる。同社は「GD-70C」という型番で,2005年4月27日に中国市場でこの製品を発売している。価格は6998元(1元=13.5元換算で約9万4500円)である。

◎このニュースは,Tech-On!の中国語版「技術在線!(Tech-On! China)」のニュースを日本語に翻訳したものです。中国語のニュース原文は,こちらのページでご覧いただけます。