PR

 日立製作所は,従来よりも安全性の高い動作が可能な楕円曲線暗号の演算手法を開発した。いわゆる実装攻撃を回避する能力を備える。一般に暗号を解読する場合,入力データと出力データに着目してその規則性などを突くことが多い。これに対し1990年代後半くらいから,処理のタイミングや特定の回路ブロックが動くときの消費電力の変動パターンなどを外部から測定して情報を集める,サイドチャネル攻撃の危険性が指摘され始めた。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
【SE応援割開始】月額プランは8月末まで無料
>>詳しくは


日経クロステックからのお薦め

【SE応援割開始】月額プランが8月末まで無料!
日経BPで働きませんか

日経BPで働きませんか

「デジタル&ソリューション」をキーワードに、多様な事業を展開しています。

日経BPは、デジタル部門や編集職、営業職・販売職でキャリア採用を実施しています。デジタル部門では、データ活用、Webシステムの開発・運用、決済システムのエンジニアを募集中。詳細は下のリンクからご覧下さい。

Webシステムの開発・運用(医療事業分野)

システム開発エンジニア(自社データを活用した事業・DX推進)

システム開発エンジニア(契約管理・課金決済システム/ECサイト)