PR

米Cypress Semiconductor, Inc.は,携帯電話機向けCMOSイメージ・センサーの製品化計画を明らかにした。現在主力の130万~200万画素品と同じ光学寸法の1/3インチ型で,300万~500万画素のCMOSセンサーを2005年から生産する。携帯電話機の主流となるカメラの画素数を3~5メガ・ピクセルに置き換えていく狙いである。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

1/31まで日経電子版セット2カ月無料


日経クロステックからのお薦め

初割 電子版セット 2カ月無料