PR

 発光効率が37lm/Wである青色のリン光有機EL素子を開発したと,山形大学工学部の城戸淳二教授を中心とした研究グループが発表した(発表資料)。外部量子効率は約20%で,内部量子効率に換算すると約100%程度,輝度は印加電圧+5Vで700cd/m2程度,+8Vで10000cd/m2を超えるとする。従来のリン光有機EL素子では,緑と赤に比べ,青色の発光効率が低かった。これまでの最高記録は同研究グループが昨年発表した23lm/Wだという。今回は主に,新たに開発した材料を正孔輸送層,発光層,電子輸送層に用いて実現した。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
【SE応援割開始】月額プランは8月末まで無料
>>詳しくは


日経クロステックからのお薦め

【SE応援割開始】月額プランが8月末まで無料!
日経BPで働きませんか

日経BPで働きませんか

「デジタル&ソリューション」をキーワードに、多様な事業を展開しています。

日経BPは、デジタル部門や編集職、営業職・販売職でキャリア採用を実施しています。デジタル部門では、データ活用、Webシステムの開発・運用、決済システムのエンジニアを募集中。詳細は下のリンクからご覧下さい。

Webシステムの開発・運用(医療事業分野)

システム開発エンジニア(自社データを活用した事業・DX推進)

システム開発エンジニア(契約管理・課金決済システム/ECサイト)