PR

 NTTドコモは,FOMAに対応する組み込み通信モジュール「FOMAユビキタスモジュール」向けのアンテナを公開募集している(調達募集を告知しているWWWサイト)。2005年8月5日まで募集を受け付ける。

 調達数量は,小型防滴アンテナが約2万台程度,ルーフトップ・アンテナが約7万台,簡易アンテナが1万台程度としている。ただし,同社の告知用WWWサイトでは,それぞれのアンテナについての詳細については説明していない。初期ロットについては,小型防滴アンテナと簡易アンテナが約2000台,ルーフトップ・アンテナが1000台程度とする。調達予定時期は2005年11月である。

 NTTドコモのFOMA ユビキタスモジュールは,自動販売機などの機器への搭載を想定したもの。2GHz帯と800MHz帯に対応する,いわゆるデュアル・バンド対応の通信モジュールで,外形寸法は37mm×35.7mm×5mm。データ通信はパケット交換方式を採用しており,最大通信速度は上り64kビット/秒,下り384kビット/秒である。同社は,日立国際電気と共同で開発・製造することにしており,2005年秋にも出荷することにしていた(Tech-On!の関連記事)。