PR

DZ-GX25M
 日立製作所 ユビキタスプラットフォームグループは、DVD-RAM/-Rの記録再生に加えて,DVD-RWの記録再生にも対応するDVDマルチドライブを搭載したビデオ・カメラ「DZ-GX25M」を8月上旬に発売する(発表資料)。DVDマルチドライブを搭載する民生用ビデオ・カメラは世界で初めてという。

 DVD-RWに対応したのは,「撮影した動画の再生環境を考慮してのこと」(同社広報)。日立製作所の調べによれば,2005年6月時点でDVDレコーダの国内市場は,約50%がDVD-RAMまたはDVDマルチ方式で,約50%がDVD-RW方式だという。

 基本性能は前機種「DZ-GX20」と同等である。前機種と同様に,約212万画素のCCD型固体撮像素子,光学10倍(電子ズームと併用すれば最大240倍)のズーム・レンズ,2.5インチ型のTFT液晶パネルを搭載する。価格はオープンだが,前機種に対して約1万円の上乗せとなる13万円程度になる見込み。当初の量産規模は7000台/月である。