PR

 米LSI Logic Corp.は,2005年第2四半期(4月~6月)の決算結果を発表した。売上高は4億8100万米ドルと,直前期(2005年1月~3月)比で7%増,前年同期(2004年4月~6月)比でも7%増を達成した。2005年第2四半期の純利益は2500万米ドルと,直前期の500万米ドル,前年同期の700万米ドルに比べて大幅に増加した。

 好業績を支えたのがストレージ関連製品である。ストレージ装置向けのASIC,ASSP,RAIDアダプターなどがいずれも好調だったという。通信機器向けの半導体事業は,企業向けの需要が当初の予想を上回り,売り上げが強含みで推移したとする。コンシューマ機器向けの半導体事業については,ゲーム・コンソール用の売り上げが季節要因で低下したものの,DVDレコーダやケーブル・セットトップ・ボックス,デジタル・オーディオ向けの製品の売り上げは伸びたという。

 LSI Logic社は今後の設備投資計画も明らかにした。2005年弟3四半期(7月~9月)に約2000万米ドル,2005年通年では約6000万米ドルを予定する。

■海外企業の最新の決算はこちらからご覧いただけます。