PR

 三菱電機は,米IBM Corp.の保有するDVD関連の特許を買収した。買い取った特許は,出願中のものも含めて約250件に上り,IBM社はこれでDVDに関する全ての特許を売却したことになる。

 三菱電機は,これまでもDVD関連の特許を約1000件近く保有してきた。今回取得した特許をDVD機器の開発促進などに役立て,DVD事業を強化するとともに,同社自体の特許力を強化する考えだ。

 一方,IBM社にとって今回の特許売却は,従来から進めている「事業の選択と集中の一環」だという。同社は三菱電機と同様にDVD6Cのメンバーとなっているが,今後,脱退の手続きを進めるとしている。

 なお,今回売却された中にはDVD6Cのライセンシング・プログラムでDVD規格必須特許とされたものも含まれているが,三菱電機は,今回取得したDVD規格必須特許を引き続き,DVD6Cで定める許諾条件に従ってライセンスしていく。