PR
生活支援サービスの概要
生活支援サービスの概要
[画像のクリックで拡大表示]

 東邦ガスとリンナイ,NTT,NTT西日本の4社は,ガス機器を中心とした生活支援サービスを実現するシステムを開発した。共同実験を開始しており,2005年度内をメドに東邦ガスの供給区域で一般家庭での実証実験を開始する。

 開発したのは,床暖房や風呂,照明,防犯機器などの宅内機器を携帯電話機で遠隔操作するサービス,宅内機器の省エネルギーを支援するサービス,ホーム・セキュリティ・サービス,人感センサなどを使って子供などの見守りができるサービスを提供するシステムである。
 NTTサイバーソリューション研究所が開発した「遠隔ソフトウエア配信技術」や「ホームサービス多重化技術」に,東邦ガスとリンナイが開発したガス機器の「IPネットワーク接続技術」を組み合わせて実現した。

 ユーザーがサービスを受けるには,ホーム・ゲートウェイ機能を搭載した機器を設置する必要がある。既存のガス機器には,IPネットワークへ接続する装置を装着すれば制御が可能になる。