PR
FOMAらくらくホンII
FOMAらくらくホンII
[画像のクリックで拡大表示]

 NTTドコモは,携帯電話機の新機種「FOMAらくらくホンII」を8月19日に発売する(発表資料)。「らくらくホン」シリーズは主に高年齢層向けの機種で,使いやすさを重視している。

 音声関連では「ゆっくりボイス」「はっきりボイス」機能を搭載した。ゆっくりボイス機能は,通話中の相手の声がゆっくり聞こえるようになる話速変換技術により,最大0.7倍まで速度を落とすことができる。通話中に,端末側面のカメラ用ボタンを押すことにより利用できる。有音部分の速度を遅くする代わりに,区切りの無音部分を短縮する。もともとの音声と変換後の音声の遅延時間が1秒を超えると,ゆっくりボイス機能は自動的に解除される。

 はっきりボイスは,従来機種から搭載しているもので,周囲の雑音が多い場所でも相手の声を抽出して強調する。

 表示関連では,「オールラウンド液晶」と呼ぶ半透過型液晶パネルを採用して,全透過型を採用していた従来機種に比べて視認性を向上した。今回の機種の発売に合わせ,らくらくホン専用のメインメニュー画面「らくらくiメニュー」を用意した。メニューの数を絞り込んだほか,大きめのアイコンを使うなどして,操作しやすくした。

 このほか,緊急時に約80dBのアラームを鳴らすことができる「ワンタッチアラーム」や,歩数計を搭載する。体重と歩幅を設定すると,歩行距離や消費カロリーも算出する。歩数計は「F672i」でも採用していた。

サブ画面に歩数を表示する
サブ画面に歩数を表示する
[画像のクリックで拡大表示]