PR

 電通の消費者研究センターは,2005年上半期の話題・注目商品の調査・分析を実施し,その結果を明らかにした。それによると「消費者が選んだ“話題・注目商品ベスト10”」では,ブログが第1位。大画面薄型テレビ,携帯型デジタルオーディオプレーヤー,ハードディスク付きDVDレコーダー,電子マネーなどもベスト10入りした。

 同調査は,2005年7月8~13日に全国の15歳以上の男女1000人(回収数,男女同数)に対し,インターネットを使って実施した。

 この結果に対し,同センターは「新しいIT技術に裏打ちされたスマートな生活を実現する(すなわち,自分のライフスタイルを前向きに変えていくことを応援する)商品・サービスがベスト10入りした」と分析している。

 また,同センターは同上半期の消費トレンドを分析。「加速する“一人内二極化”」(消費は二極メリハリの時代へ),「テクノロeジー」(もっと生活をスムーズに,スマートにするIT技術),「ともだち同心円;Link&Sync」(つながる力。共鳴する力),「ユビキタロハス」(ロハスは遍在する。あっちにも,こっちにも),「ご当地創発」(地域から生まれる,新たな価値),「備えあれば,うれしいな」(リスク・ヘッジで安心生活)−−の六つをキーワードとして挙げている。

 これらの分析と合わせ,同センターは2005年後半から2006年のトレンドも予測。「こだわりロハス」(進化したライフスタイル),「ナツカシナジー」(ちょっと懐かしいモノ),「越境破開」(既存の機能の枠を飛び越える)をキーワードとした。