PR

 台湾の大手発光ダイオード(LED)メーカーであるEpistar Corp.とUnited Epitaxy Co.(UEC)は,合併する計画を進めていると発表した。合併後の新会社はEpistar社の社名を引き継ぐ。合併は2005年末までに完了するもよう。Epistar社とUECはいずれも,LED構造を作り込んだウエハーやLEDチップを製造するメーカーであり,赤色LEDなどAlInGaP系LEDと青色LEDなどのGaN系LEDを手掛けてきた。合併後は台湾最大のLEDチップやLEDウエハーのメーカーになる。LED技術に関する両社のノウハウを持ち寄ることで,急速に規模が拡大するLED市場で確固たる地位を築きたいとする。2004年度における両社の売上高の合計は約1億7900万米ドルである。

 Epistar社は透明電極にITOを使う高輝度GaN系LEDに強みを持っており,UECは高輝度AlInGaP系LEDチップのメーカーとしては世界最大という。両社は技術的に補完関係にあるので,合併後は規模だけでなく充実した製品ラインアップを誇るようになるとする。なお,Epistar社はGaN系LEDに関連する特許を侵害しているとして,日亜化学工業に提訴されたことがある(Tech-On!関連記事)。