PR

 「10~20年という歳月を費やしても量子コンピュータをシステムとして完成させたい。そのためには,基本素子となる量子ビットを,半導体LSI技術を活用できるSiで構成することが必要条件だと考えた」(日立製作所 基礎研究所 所長の長我部信行氏)。  日立ヨーロッパ社の英Hitachi Cambridge Laboratoryは,英The University of Cambridgeと共同で,二つのSi量子ドットを使って量子コンピュータの基本素子となる量子ビット(qubit:キュビット)を作製し,動作周波数2.5MHzで200nsのコヒーレンス時間を実証した。コヒーレンス時間は,量子ビットが信号0と1の重ね合わせ状態を保ち,量子演算のステップを繰り返すことが可能な時間のこと。今回得られた値は,数nsのオーダーだった従来の量子ビットに比べて2ケタ高い。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
【SE応援割開始】月額プランは8月末まで無料
>>詳しくは


日経クロステックからのお薦め

【SE応援割開始】月額プランが8月末まで無料!
日経BPで働きませんか

日経BPで働きませんか

「デジタル&ソリューション」をキーワードに、多様な事業を展開しています。

日経BPは、デジタル部門や編集職、営業職・販売職でキャリア採用を実施しています。デジタル部門では、データ活用、Webシステムの開発・運用、決済システムのエンジニアを募集中。詳細は下のリンクからご覧下さい。

Webシステムの開発・運用(医療事業分野)

システム開発エンジニア(自社データを活用した事業・DX推進)

システム開発エンジニア(契約管理・課金決済システム/ECサイト)