PR

 ヤフーは,約10万曲の楽曲を無料で聴ける「Yahoo!ミュージック サウンドステーション」を始めた(発表資料)。同社の音楽ポータルWWWサイト「Yahoo!ミュージック」の1サービスとして提供している。

 サウンドステーションでは,J-POPやジャズ,クラシックなど11分野を用意しており,各分野中に用意されている番組を選択すると,自動的に約30秒の広告映像が流れ,その後演奏が始まる。1番組には100曲~300曲が用意されてあり,そのうち10曲が自動的に選択される。いくつかの番組を試聴してみたところ,サウンドステーション自体の広告のほかに,トヨタ自動車の広告映像を流している。

 ユーザーは分野や番組を選択できるものの,楽曲までは指定できない。ヤフーには,ユーザーが想定していない曲を聞かせることで,楽曲のオンライン販売やCD販売につなげようという狙いがある。

 同サービスで同じ番組中の3曲を続けて聴くとYahoo! JAPANへのログインが求められる。ヤフーは,会員数を増やす手段としても同サービスを活用するようだ。

 楽曲の再生ソフトウエアはWindows Media Playerで,データ符号化速度は32kビット/秒。著作権保護方式には,Windows Media DRMを採用している。