PR

松下電池工業は,正極にニッケル酸リチウムを採用することでエネルギー密度を高めた円筒形のLiイオン2次電池を試作,Intel社が主催する開発者向け会議「Intel Developer Forum fall 2005(IDF)」に出展した。同社は既にこのLiイオン2次電池の開発を発表していたが,今回はノート・パソコン向けに円筒形タイプ(いわゆる18650サイズ)を新たに試作した。以前に発表した際では角形電池のみ試作していたが,今回円筒形タイプを新規に試作したところ,角形よりもエネルギー密度がさらに向上し,体積当たりのエネルギー密度が620Wh/lまで高まったという。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
【SE応援割開始】月額プランは8月末まで無料
>>詳しくは


日経クロステックからのお薦め

【SE応援割開始】月額プランが8月末まで無料!
日経BPで働きませんか

日経BPで働きませんか

「デジタル&ソリューション」をキーワードに、多様な事業を展開しています。

日経BPは、デジタル部門や編集職、営業職・販売職でキャリア採用を実施しています。デジタル部門では、データ活用、Webシステムの開発・運用、決済システムのエンジニアを募集中。詳細は下のリンクからご覧下さい。

Webシステムの開発・運用(医療事業分野)

システム開発エンジニア(自社データを活用した事業・DX推進)

システム開発エンジニア(契約管理・課金決済システム/ECサイト)