PR
松下電器産業の試作機
松下電器産業の試作機
[画像のクリックで拡大表示]
Samsung社の試作機
Samsung社の試作機
[画像のクリックで拡大表示]

 松下電器産業と韓国Samsung Electronics Co.,Ltd.は,次世代のノート・パソコンのプラットフォーム「Napa」に対応したノート・パソコンを試作,Intel社が主催する開発者向け会議「Intel Developer Forum fall 2005(IDF)」に出展した。Napaは,65nmのCMOSプロセスで製造するデュアル・コアのマイクロプロセサ「Yonah」を搭載する。Intel社はYonahを2005年末に出荷する予定にしており,こうしたNapaプラットフォームのノート・パソコンが製品化されるのは2006年前半ころとみられる。

 同社Mobility GroupのGeneral ManagerであるSean M.Maloney氏の講演で見せたもの。Intel社のNapaプラットフォームでは,マイクロプロセサに「Yonah」を,グラフィックス処理やビデオ信号の処理などを行なう周辺チップセットに「Mobile Intel 945 Express Chipset」を,そしてIEEE802.11a/b/g対応の無線LANモジュール「Intel PRO/Wireless 3945」を備える。