PR

 ルネサス テクノロジがNTTドコモと共同開発している携帯電話機用LSI(Tech-On!の関連記事)は,Symbian OSに対応する。NTTドコモは,携帯電話機向けのLSIについてルネサスのほかに米Texas Instruments Inc.にも開発投資をしているが,TI社はLinuxとSymbian OSの両方に対応するという。ルネサスは,現時点でSymbian OS以外に対応する予定はないとする。

 ルネサスがNTTドコモと共同開発するLSIは,第3世代移動体通信(3G)のW-CDMAだけでなく第2世代(2G)のGSM/GPRS用のベースバンド回路も搭載する。GSM/GPRS用ベースバンド回路は,フランスのレンヌにあるルネサスの現時法人「Renesas Design France S.A.S」が開発した。ルネサスは2005年3月,三菱電機の携帯電話開発会社であるMELCO Mobile Communications Europe S.A.のプラットフォーム開発部門を譲り受け,Renesas Design France社を設立している(ルネサスの発表資料)。