PR

 日本産業デザイン振興会は2005年10月25日,2005年度グッドデザイン賞の大賞を選出した。大賞を受賞したのは,テルモの世界一細いインスリン用注射針「ナノパス33」( Tech-On!参考記事)。「患者の痛みを軽減する」というコンセプトで,岡野工業(本社東京)と共同開発したものだ。ナノパス33について審査員は「ニーズが不可能を可能に変えた一つの事例で,日本のものづくりに一石を投じた商品」としている。板金を丸めて溶接し,刃面を加工する,という製造方法や技術に対する評価も高い。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
有料会員と登録会員の違い


日経クロステックからのお薦め

チームはやぶさ2、未踏に挑んだ10人

チームはやぶさ2、未踏に挑んだ10人

渾身の記事を直接お届け、2月24日に新サービス「フカメル」開始

9つの世界初を成し遂げた小惑星探査機「はやぶさ2」を深掘りする。裏側には、未踏に挑んだ10人のスペシャリストがいた。とっておきの10の物語を通して、「チームはやぶさ2」が奇跡を成し遂げた理由に迫る。

「チームはやぶさ2」を購読する