PR
SCEの久多良木氏
SCEの久多良木氏
[画像のクリックで拡大表示]

 「今日は,少しばかり夢物語のようなお話を届けしたい」。2005年10月27日に開催された「東京国際デジタル会議」の基調講演でこう切り出したのは,ソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE) 代表取締役 社長兼グループCEOの久多良木健氏である。同氏は,SCEが東芝や米IBM Corp.らと共同開発したマイクロプロセサ「Cell」および,Cellを搭載する次世代機「プレイステーション3(PS3)」の実力を紹介しながら,それら技術のロードマップやそれらが可能にする近未来のエンターテインメントを語った( Tech-On!の関連記事1 Tech-On!の関連記事2)。

 同氏がまず見せたのは,現在開発中のPS3向けゲーム・ソフトウエアのデモ映像である。ロンドンの街並みやF1の映像を紹介しながら「わくわくするというよりも,ぞっとするようなリアリティだ」と表現した。ちなみに,会場で利用したプロジェクタは,4000×2000画素(4K×2K)の映像を投射できるソニーの「4K SXRD」,送出する映像フォーマットは放送局や制作会社向けの「HDCAM SR」だった( Tech-On!の関連記事3)。同氏は「こうした環境が家庭でも早く利用できるように,家電業界の人たちにぜひ頑張っていただきたい」とメッセージを送った。

120フレーム/秒の映像を送出

 続いて将来技術の可能性の1つとして語ったのが,動画表示のフレーム・レートである。現行のテレビが採用する50フィールド/秒~60フィールド/秒,パソコンの72フレーム/秒~90フレーム/秒に対して,PS3では今後の映像インタフェース規格の進化と共に,120フレーム/秒などもっと高いフレーム・レートの映像を送出できるようにしたいとする。

 フレーム・レートに関連して持ち出したのが,映像入力と高速フレーム・レートの組み合わせである。例えば高速カメラを接続することで,その映像の意味を素早くPS3が解析し,その結果をゲームに入力するような新しいコンピュータ・エンターテインメントに発展する可能性が非常に大きいとした。こうした組み合わせは,放送と通信の境界領域にも使われるのではないかと将来の可能性を示唆した。

大画面テレビには大量のHDTV映像を映し出す

 今後の普及が見込まれる高精細で大型の表示装置の利用方法についても,いくつかのアイデアを披露した。例えば,新聞を実寸で映し出す,数多くのHDTV映像を再生する,ビデオ・チャットするといったものである。中でも強調したのが,数多くのHDTV映像の同時表示である。10本を超えるHDTV信号を同時にデコードするだけでなく,拡大する,回転するなどの処理もできるだろうとした。同氏が考えるコンテンツは,放送にとどまらない。インターネット上にも「番組」と言えるものがあるし,ユーザー自身が撮った映像や静止画を映し出したりすることも想定している。それらを高速に快適にザッピングしたいという要求に応える必要性を示した。

 続いて披露したのが,遠隔地にある巨大なコンピュータ資源を利用したオンライン・ゲームの可能性である。実際に映画制作で利用されている米Sony Pictures Entertainment(SPE)社のサーバ環境を紹介しながら,「こうしたサーバに外部からログインする形態は,オンライン・ゲームそのもの」とする。映画の制作環境が,オンライン・ゲームに応用できるというわけだ。

Cellのクラスタ構成で1PFLOPSを実現

 将来のサーバ環境として示したのは,Cellによるクラスタ・サーバだった。2.5GHz動作のCell8個で構成するユニットを16個組み合わせたラック構成では,処理能力が25.6TFLOPSに達する。このラックを1部屋に40組を入れると,1P(ペタ)FLOPSに達するという。同氏が関心を寄せているのが,こうした計算能力をどこに使うかだという。SCEとしてはネットワーク・ゲームということになるが,ほかの産業に応用することで新たな用途を育む「巨大なゆりかご」になるかもしれないとした。

 さらに,スタンリー・キューブリック監督の「2001年宇宙の旅」の窓越しのリップ・リーディングを引き合いに出しながら,認識システムへの応用も考えられるとした。その先駆けとなるのが,小型カメラを利用した入力装置を使う「EyeToy」だとして,将来への期待を示した( Tech-On!の関連記事4)。

 講演の締めくくりとして同氏は「便利な半面,使い方を誤ると大変だ」として技術の利用方法についても配慮する必要があるとすると共に,「未来を作るのは,我々自身だ」として,共にイノベーションを創り出そうと呼びかけた。

画面のフレーム・レートは120フレーム/秒〜240フレーム/秒を視野に入れる
画面のフレーム・レートは120フレーム/秒〜240フレーム/秒を視野に入れる
[画像のクリックで拡大表示]
大画面・高精細の表示装置に多様なコンテンツを映し出す
大画面・高精細の表示装置に多様なコンテンツを映し出す
[画像のクリックで拡大表示]
Cellのロードマップも示す
Cellのロードマップも示す
[画像のクリックで拡大表示]