PR
メイン・ボードの表側。クリックすると横2560画素,縦1888画素の大きなサイズの画像が開きます。
メイン・ボードの表側。クリックすると横2560画素,縦1888画素の大きなサイズの画像が開きます。
[画像のクリックで拡大表示]
メイン・ボードの裏側。クリックすると横2560画素,縦1707画素の大きなサイズの画像が開きます。
メイン・ボードの裏側。クリックすると横2560画素,縦1707画素の大きなサイズの画像が開きます。
[画像のクリックで拡大表示]

 米Microsoft Corp.の家庭用ゲーム機「Xbox 360」を分解し,メイン・ボードを取り出した。同ボードの外形寸法は,横方向が268mm,縦方向が210mm(最長部)である。縦方向の最短部は182mmだ。パソコンのメイン・ボードに例えれば,ほぼ「picoBTX」仕様(約267mm×203mm)の大きさと同じである。

 表側には,思いのほか整然と部品が実装されている。中央部分には米IBM Corp.製で3.2GHz動作のカスタム・マイクロプロセサが配置され,そのすぐ隣に,高速FSB(フロント・サイド・バス)でマイクロプロセサと接続されたグラフィックスLSIがあった(マイクロプロセサやバスの仕様についてはこちらの記事を参照)。

 このグラフィックスLSIのパッケージはSiP(system in package)になっていて,NECエレクトロニクス製のDRAM混載LSIと,台湾TSMC(Taiwan Semiconductor Manufacturing Co.,Ltd.)製のグラフィックスLSIを平置きの状態で1パッケージに封止したものである(このSiPについての詳細はこちらの記事を参照)。

 裏側にはメモリLSIを除いてほとんど大きな部品はなく,スッキリした状態になっている。

「日経エレクトロニクス・分解班の軌跡」のページへ

このほかのXbox 360関連の主な記事リスト

「2006年にはWindowsパソコンでHDTV放送の受信を可能に」,Microsoft社とCableLabが合意

Xbox 360で64本の動画を同時に復号化

対応ソフトが続々,FFXIもプレイ可能に

Xbox 360は3万7900円で12月10日に発売,来年1月末までに約20タイトルを予定

Xbox 360の内部構成やCellの帯域保証が明らかに

Microsoft社,「Xbox 360」の製造3社を決定

Microsoft社,Xbox 360のシステム構成を明らかに

「Xbox 360は299米ドル」,Microsoft社が明らかに

3.2GHz動作のマイクロプロセサを搭載,演算性能は115.2GFLOPS

写真でみる次世代Xbox

Microsoft社,次世代Xboxを正式発表,名称は「Xbox 360」