PR

 マイクロソフトとNTTドコモは,ビジネス利用を想定した携帯電話機向けソフトウエアの開発で合意した。同クライアント・ソフトウエアを使えば,NTTドコモの携帯電話機「FOMA」端末からマイクロソフトの企業向け情報管理用サーバ「Exchange Server」にアクセスし,電子メールや予定表データなど参照したり,携帯電話機上のデータと同期したりできるようになる。FOMA端末が,Exchange Server 接続用のExchange ActiveSyncプロトコルを備えることで対応する。

 同クライアント・ソフトウエアの完成時期は2006年春を予定している。両社の販売チャンネルを通じて企業ユーザーに提供する。