PR
図1◎「LE MANS LM703」
図1◎「LE MANS LM703」
[画像のクリックで拡大表示]

 ダンロップファルケンタイヤは、特殊吸音スポンジを搭載したタイヤ「LE MANS LM703」を2006年1月1日に発売すると発表した。一般的にタイヤは、路面の凹凸により内部の空気が共鳴して音を発生する。LM 703では、タイヤの内側に非リング状の特殊吸音スポンジを装着したことにより、空洞共鳴音を低減した。30~60シリーズの79サイズを発売する。価格はオープン。

 タイヤ内部の空気をデジタル解析するシミュレーションソフトで空洞共鳴音を解析し、タイヤに起因するノイズを低減する特殊吸音スポンジを開発した。吸音スポンジの材質は、低比重の特殊エーテル系ポリウレタン。表面積を増やして吸音効果を上げるため2山構造とし、タイヤ内でスポンジが受ける衝撃を分散する。

 また一部サイズには、PENバンドもしくはHybridバンドをブレーカーエッジ部に巻きつけた「新構造コンビバンド」を採用し、ロードノイズを従来製品比3.0dB低減した(40km/h走行時)。

図2◎特殊吸音スポンジによる空洞共鳴音の低減
図2◎特殊吸音スポンジによる空洞共鳴音の低減
[画像のクリックで拡大表示]