PR
ブレーク・ポイントで止まっている様子。
ブレーク・ポイントで止まっている様子。
[画像のクリックで拡大表示]
線を描画するアプリケーションをターゲット上で実行している様子。
線を描画するアプリケーションをターゲット上で実行している様子。
[画像のクリックで拡大表示]

 パーソナルメディアは,Eclipseを基にしたT-Engine向けの統合開発環境を,2005年12月14日から開催中のTRON関連の展示会「TRONSHOW 2006」で参考出展した。従来,T-Engine向けの開発環境やデバッガはGNU関連のツールを基にしたキャラクタ・ベースのものが主流であり,GUIベースのものは,イーソルや京都マイクロコンピュータが手掛けている程度だった。T-Engineプラットフォームの旗振り役であるパーソナルメディアが,いよいよGUIベースのツールを投入することで,T-Engineでも開発環境が整備されていきそうだ。2006年中に発売する計画だが,T-Engine開発キットに標準添付するかどうかなど,販売形態の詳細は未定である。

 Eclipseはエンタープライズ系のJavaアプリケーション開発を目的にしたオープンソースの統合開発環境のフレームワークだが,ここ1年で組み込み分野でも広がりつつある(Tech-On!関連記事)。米Wind River System, Inc.や米MontaVista Software, Inc.,米Mentor Graphics Corp.,カナダQNX Software Systems Co.など,組み込みOSや組み込み開発ツールの大手がこぞって,Eclipseを組み込み向けに改変して発売してきた(日経エレクトロニクス関連記事)。T-Engine/T-Kernel向けでは,富士通の「WideStudio/MWT」があるくらいだが,パーソナルメディアの参入でEclipseの波がT-Engineでも本格化したといえる。

 今回参考出品したツールは,アプリケーション・ソフトウエアの開発/デバッグ向けであり,デバイス・ドライバやOS本体のデバッグには対応していない。これらの機能は2006年中に実装する予定という。実行中の変数の値などのデバッグ情報は,ターゲット上で動作するT-Monitorを介してGUI上に表示可能である。

 ターゲットであるT-Engineボードとは,シリアル通信およびEthernetで接続する。シリアル通信はホストのUSB信号をアダプタでRS-232Cに変換した上で,T-Engineボードに接続する。クロス・コンパイルした後のオブジェクト・コードは,Ethernet経由の場合はFTPによってターゲットに送る。

■TRONSHOW 2006の特設ページはこちら