PR
EvaCubeの外観。Teacubeよりも二回りほど大きい。800MHzと高速動作だけに大型のヒートシンクを搭載している。
EvaCubeの外観。Teacubeよりも二回りほど大きい。800MHzと高速動作だけに大型のヒートシンクを搭載している。
[画像のクリックで拡大表示]
EvaCubeの内部構成
EvaCubeの内部構成
[画像のクリックで拡大表示]
左は筐体を取り除いた状態のEvaCube,右はEvaCube
左は筐体を取り除いた状態のEvaCube,右はEvaCube
[画像のクリックで拡大表示]
従来品のTeacubeの外観
従来品のTeacubeの外観
[画像のクリックで拡大表示]

 NECエレクトロニクスは,立方体状の筐体に収めた手のひら大のT-Engine評価システム「EvaCUBE/VR9721」を,2005年12月14日から開催中のTRON関連の展示会「TRONSHOW 2006」で参考出展した。立方体状のT-Engine評価システムとしては,2004年3月にパーソナルメディアが発売したより小型の「Teacube」(ティーキューブ)があるが,今回のEvaCUBEはマイコンやインタフェースを高性能化した後継版との位置付けである。2006年3月末にパーソナルメディアなどが発売する予定である。

 EvaCUBEは,NECエレクトロニクスのMIPS系64ビット・マイコン「VR9721」を搭載する。2命令同時発行のスーパースカラ型アーキテクチャを採用しており,最大800MHzで動作する。高速なマイコンを搭載したため,EvaCubeの上面にはTeacubeにはない大型のヒートシンクが取り付けられている。主記憶は64ビット幅で接続するECC対応のDDRインタフェースを備えたシンクロナスDRAMである。従来のTeacubeでは,最大333MHz動作の「VR5701」を搭載していた。

 搭載するインタフェースは,GビットEthernet,100BASE-TのEthernet,eTRONカード用コネクタ,アナログRGB,CompactFlash,PCMCIA,USB2.0(2チャネル),PCI-X,シリアル・インタフェース,N-Wireインタフェース,などである。なお,EvaCubeの底面にはPCI-Xを介して専用の拡張ボードを取り付けることができる。同拡張ボードには,GビットEthernetを2チャネル,シリアルATAを2チャネル,IEEE1394Bを2チャネル,シリアル・インタフェースを追加することができる。

■TRONSHOW 2006の特設ページはこちら