PR
[画像のクリックで拡大表示]

 パナソニックエレクトロニックデバイスは,米国の地上デジタル放送「ATSC方式」に対応するチューナ「ET-55HTシリーズ」を開発した(発表資料)。外形寸法は50mm×38mm×13mmで容積を同社従来品に比べ約40%削減した。今回小型できたのは,RF回路の初段にあったPINダイオードを利用した減衰回路とLNA(Low Noise Amplifier)を不要にしたことなどによるという。受信周波数帯は54MHz~806MHz。電源電圧は+5V,+30V。2006年1月にサンプル出荷を始め,2006年3月の量産開始を予定する。サンプル価格は2000円。